柔道整復師には資格が必要【学校で学んでスムーズに資格GET】

プロのマッサージ師

整復師

マッサージの資格と言っても、どの分野のマッサージの資格を摂りたいのかによって、勉強方法も何もかもが異なります。資格が必要であるマッサージと言えば、あん摩マッサージ指圧師という分野があります。このあん摩マッサージ指圧師こそが、あらゆる方が思い描いているマッサージ師の姿です。まれにマッサージ師目指している方であっても、エステとマッサージが混ざってしまっている方がいますが、はっきり言って別物になり、国家資格と民間資格の違いだけではありません。内容も何もかもが異なります。近年は将来の事を考えて国家資格取得を目指す方が増えており、その傾向も影響している為あん摩マッサージ指圧師を目指している方は多いです。国家資格は取得するのに時間を最低でも三年が必要となりますので、無事国家試験に合格してプロとなれば、自分の頑張りはもちろん必要ですが安定した環境で働く事が可能です。肩凝りや腰痛を駆使出来る技を活用して解消する仕事ですが、国家資格が必要だからこそ簡単ではないのです。資格保持者だから出来るマッサージがそこにはあります。就職先は病院以外にもマッサージ店がありますが、独立してお店を持つ事も国家資格があるからこそ可能です。美容関係に進む事も出来ますが、国家資格だからこそ優遇される職場もあります。資格があるからこそ自分のマッサージの腕も磨けますし、自分が思うように働く事が出来るのです。臨床や美容そしてスポーツなど、あらゆるジャンルで活動出来る仕事ですので、自分のこれからの方向性もあん摩マッサージ指圧師という国家資格と共に決めていく事が可能です。

あん摩マッサージ指圧師も国家資格である故に、専門学校でも大学であっても三年間や四年間は学ばなければ国家試験を受ける事が出来ません。そしてその国家試験も念に一度行なわれ、内容は筆記となっています。全国六箇所の地域で試験は実施されますので、それに向かって三年間や四年間頑張っていくのです。ここで豆知識ですが、盲学校では生徒が三年から五年訓練という形であん摩マッサージ指圧師を学ぶ事が出来ます。技術と知識を習得出来れば、誰もが国家資格を取得できてマッサージ師として働く事が出来るという訳です。しかし決して簡単に取得が出来ない所が、国家資格たる由縁です。